エコチルライフ

自転車のチャイルドシート、破られる

自転車のリアキャリーというのか、子どもが乗るあれ。

春までいた社宅は、屋根壁ドア鍵付の大きな物置があったので、2年経過の電チャリさんも美しくしてらっしゃいました。

社宅を追い出され、某賃貸マンション。広々とした自転車置き場は、ご丁寧に壁と屋根はあるも、ドアと鍵なし。

 

秋のある日、次第にリアキャリーのヘッドレスト部分が、ぷちぷち穴が開き、中の発砲スチロールが見えている。

 

 

どっかにひっかけたかなと思い、ヘッドレストを外し、バラバラにして修理。

すると、翌日また穴が開く。こんどはヒドイ。なんだ?

またバラバラにして修理。まあまあきれいに修復。自画自賛。

すると、翌日また穴が開く。なんだ??

さらに、自転車を走行させると道路の衝撃で、リアキャリーのあたりから

カラカラカラカラ…と乾いた音がする。なんだー?

 

リアキャリーのヘッドレスト下部を何気に触ってみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにか落ちてきた!!!

 

木の実?種?白いやつ。まるいやつ。ビービー弾というのか、あのような形状のやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラスのやつめ…あいつの仕業か!

ヘッドレストを引きちぎり、隙間に種をためておったとは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全部で62個。種。くぅぅぅー、バカにされていた。

 

それ以来、自転車全部覆うカバーを付けて対抗。

あれからカラスの被害はないけど、カバーで全部覆っているため、風圧力を受けやすい。

風の被害を受けて、よく自転車が倒れている。

 

 

 

 

 

 

 

 

カラスよりいいか!

 

2020年12月4日

こぶた

こぶた

ページトップへ