エコチル調査とは

私たちの身の回りには医薬品、化粧品、食品添加物など、多くの化学物質が存在しており、便利で快適な生活を送るために欠かせないものとなっています。しかし、こうした化学物質の中には人の健康に悪い影響を与える可能性が指摘されているものもあり、特に発育途上の子どもたちには影響が大きいのではないかと懸念されています。
近年、子どもたちの間でぜん息やアトピーなどのアレルギー疾患や肥満、発達障害などが増加傾向にあります。それらの多くは遺伝的な体質の他に、身の回りの環境、食事、運動などの生活習慣が関係しているといわれています。
そのため、「身の回りの環境」に注目し、なかでも環境中の化学物質と子どもたちの健康や成長との関係を明らかにするために、大規模で長期的な調査を企画しました。これが「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」です。

この調査は環境省によって2011年(平成23年)から開始されており、日本全国15地域で約10万人(兵庫県では約5,200人)の子どもたちとそのご両親にご協力いただいています。お子さんがお母さんのお腹の中にいる時から生まれて13歳になるまで、定期的に健康状態を調べて、環境要因が子どもたちの成長や発達にどのような影響を与えるのかを明らかにしていこうとしています。

化学物質をはじめとする環境要因が子どもたちの成長や発達に与える影響を明らかにすることにより、有効な対策を講じて、未来の子どもたちが健やかに成長できる環境を整備することが可能となります。

  • 調査の内容・全体の流れはこちら

ページトップへ