エコチルママ’s Room

mi.

mi.
尼崎市在住
  • 2018年07月17日

子どもに残せるもの

ご無沙汰しております。mi.です(^^)

久しぶりにセミの脱け殻を見つけて嬉しいような嫌なような気分になったら思ったら、西日本の激しい豪雨。早々に梅雨も明け暑い毎日がやってきましたね。被災された方にはお悔やみ申し上げます。皆様も体調にはくれぐれもお気をつけください!

 

今回のブログテーマは『エコチルとわたし』。

私がエコチルに参加したのは、子どもたち(我が子だけでなく)に何を残すことが出来るか考えたときに、この調査は未来に繋がるものになるだろうと思ったからです。

しかも無料どころかお礼までいただけちゃう、尼生まれのmi.にはかなーり嬉しい調査でした(笑)

 

今日の子どもたちは良くも悪くも昔と違うと言われて育っています。でも私は子どもたちの環境、取り巻く大人の社会が大きく影響していると思っています。そしてその環境は目まぐるしく変化していって、やがて家庭以外での環境が大きく子どもの成長に反映されていくと考えています。

エコチル調査はその環境についての調査なので大変興味がありました。

 

私にとって今のエコチルの存在は、子育てをしていると毎日いくら奮闘しようと、全く奮闘しない日(笑)があろうと、エコチル調査が届いて少しずつ記入していくことで、振り返りながら初めてあっと言う間に毎日が過ぎたことに気づくきっかけになっています。と言いながら後回しにしちゃって良く返信を忘れます(^^;すみません。

 

匿名ではないのでちょっと良く書いちゃおうか…なんて思うこともあるんですけど(笑)正直に書いてます。検診のときみたいに誰に注意されたり怒られたりすることもないし!(笑)

むしろ正直に書くことでより正確な結果が出て、孫やその子ども、地域の子どもたちに繋がりますよね♪

 

今、世の中が使い捨てプラスティック製品をなくそうと動き出し、でもまだまだ不自然が安価であるこの時代を同じ地域に暮らす私たちにとっていずれ出るこの調査はきっと意味あるものになると期待しています。

大きな意味で、平和で何もない日常がどうかこのまま少しでも長く続いてほしい。あわよくば今よりも暮らしやすい世界になってほしい。こうした思いに繋がる調査だと信じています。

ページトップへ