エコチル調査とは

便利で快適な生活を送るために、ここ数十年にさまざまな化学物質が人の手により作り出されました。しかし、これら環境中の化学物質が、発育途上の子どもたちの健全な成長や発達に、悪い影響を与えるのではないかと懸念されています。平成23年より環境省では、子どもの成長や発達とさまざまな要因の関係を総合的に調べて、子どもの健康を守る対策を立てるため、大規模で長期的な調査を企画しました。これが「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」です。

この調査は、日本中で10万人のお母さんと赤ちゃんとに参加・協力してもらう大規模な調査で、赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時から13歳になるまで、定期的に健康状態を調査させていただき、環境要因が子どもたちの成長や発達にどのような影響を与えるのかを明らかにしていこうとしています。

身体的に未発育な子どもたちの健全な成長や発達を守るためには、環境要因が与える影響を明らかにすることが重要です。環境省では、化学物質への接触や毎日の生活環境などが、子どもの成長や発達に影響を与える可能性があると考え、胎児期から小児期にわたって長期間調査することを計画しました。

このような調査を疫学調査といいますが、この調査によって子どもたちの成長や発達に悪い影響を与える環境要因が明らかとなる可能性があります。そのような要因があきらかになれば、個人がそれを自主的に排除する努力をするだけでなく、国レベルでの対策、たとえば化学物質規制の審査基準の変更、環境基準(水質、土壌)等に関するリスク管理体制の構築へとつなげることができます。

環境省の実施するエコチル調査では、「胎児期から小児期にかけての化学物質曝露をはじめとする環境因子が、妊娠・生殖、先天奇形、精神神経発達、免疫・アレルギー、代謝・内分泌系等に影響を与えているのではないか」という仮説が立てられています。これをあきらかにするためには、化学物質に触れること以外にも、遺伝要因、社会要因、生活習慣要因など、さまざまな要因について、幅広く調べていかなければなりません。

環境省では、幅広い専門分野の研究者からなるワーキンググループを組織し、科学的な手法をつかって、複数の作業仮説を立て、これらの仮説を解明していきます。

  • 調査対象地域について

ページトップへ